#GiveMeWings

discover

TRIAL CYCLE Prologue 美濃 開催記

こんばんは。けーごです。

 

TRIAL CYCLE Prologue 美濃を開催し、自転車でラリーをやってみました。

このイベントは、コマ図を自転車で走るサイクリングラリーの持続可能性の評価を目的に実施したテストイベントです。

 

❏ サイクリングラリーとは

サイクリングラリーは、自転車で行うラリーレイドイベントです。ラリーってやばいやつ?と思われる方もいらっしゃると思うので、以下ラリーの構造からイベントへの文脈でお話します。

 

ラリーレイドは、コマ図と呼ばれる略地図を用いてゴールを目指すモータースポーツです。ダカールラリー(いわゆるパリダカ)が世界最大のラリーレイド大会として知られています。

ラリーレイドでは、参加者は距離計・方位計を基に正しい進路を選択し続けて走ります。一般に、GPSでの地図利用を禁止され、進路の正しさはしばらく走らないとわからない特徴があります。

進むべき道を探して決める、自分の道を切り拓いていく冒険心が、ラリーレイドの魅力です。

 

これがコマ図。スタート地点からの距離と、交差点の略図が記された巻物の地図です。

 

日本のラリーレイド大会では、1日250km~400km走ります。これが3〜5日続き、車両と選手の耐久力をベースに、速さを競います。したがって、競技成績では人馬一体と心技体の一致が問われます。

ルートは、走行エリアを代表する景勝地を巡りながら、舗装路・未舗装路織り交ぜて構成されます。速さを競う競技区間がルート上に設定され、参加者は初見の閉鎖区間を全力で走行します。知らない道を、知らない交差点を、コマ図と計器類を見ながら飛ばしていく。技量・頭脳・度胸を備えることが、ラリーレイドの心構えです。

ラリーレイドの参加車両は、主に二輪・四輪で、大会によって規定されます。また、日本には競技ではなくラリーを楽しむためのツーリングラリーも開催されています。ラリーレイドの成り立ちから、二輪・四輪の動力源を持つ車両を対象に各種開催されています。競技を追求する大会と、手軽に参加できて裾野を広げるイベントで役割分担しているのが、日本のラリーレイドの現在です。

 

走る楽しさは、車やバイクに限った話ではありません。私たちは、自転車によって初めて移動の自由を獲得したはずです。あちこち走って、友達の家に行ったり、思わぬ景色に出会ったり、土地勘を広げてきたはずです。

自分の脚で、自分の道を切り拓く冒険があってもいいだろう。

そこで、自転車でコマ図を用いて走ってみよう。これがサイクリングラリーです。サイクリングラリーシリーズ TRIAL CYCLE を立ち上げ、これから追究していきます。

 

 

❏ TRIAL CYCLE Prologue 美濃

サイクリングラリーは、手軽に挑める新しい冒険として、交通文化の発展への貢献を期待できます。免許すらいらず、お子様を含んだ家族全員がラリーの当事者として挑めます。

このような魅力的な企画でありながら、完走を前提とし、サイクリングの醍醐味とラリーの醍醐味を両立したサイクリングラリーは現在日本に存在しません。そもそもサイクリングラリーが魅力的なコンテンツであるかどうかを調査し、持続可能な運営形態を模索する必要があります。

そこで、本イベントは、サイクリングラリーの持続可能性の評価を目的に実施しました。

 

TRIAL CYCLE
目的:ラリー形式のサイクリングを通して、交通文化の発展に貢献する
目標:コマ図を用いてルートを走る
手段:トランポ前提の周遊タイプ、輪行前提の片道タイプのコマ図を配信し、参加者が任意の日に走る

 

TRIAL CYCLE 美濃 諸元
分類:片道タイプ
全長:35.25km
出発:名鉄犬山駅
終着:長良川鉄道美濃市駅

 

美濃は全長35kmで、START/FINISH地点は異なり、輪行による帰路を想定しています。グルメを楽しみながら、個々の景色を重ねていくことで、短距離ながら充実したルート設計としています。

参加者は5名。背景異なるメンバーで、個人運営の母集団としては十分なサンプル数に思います。みんなどうか楽しんで!

 

 

2023/11/26

10:00 名鉄犬山駅西口

遠方からわざわざお越しいただきました。輪行旅のため駅集合としましたが、トランポで集まりました。

TRIAL CYCLEでは、マップホルダー運用とスマホ運用のどちらにも備え、コマ図を別々に準備しています。今回は、スマホ運用のひとつの手段として、ラリーレイドアプリ koma-tour を活用します。スマホさえあればコマ図を用いて走ることができます。

 

自転車では、ガーミンのサイクルコンピュータを活用することが多いです。距離・速度・出力・ケイデンス(ペダル回転数)の他に、GPSデータを入力すれば地図を表示できます。便利なゆえスマホを固定する習慣がないため、コマ図を上に転記して貼り付けていました。コマ図とキューシートのハーフのようです。こういう手作り感が、黎明期らしいですね。

 

スマホホルダーがなければガムテープで固定すればいい。この工夫も手探り感を象徴しています。

私はQuad Lockのアタッチメントを用意しました。iPhone、Galaxy、GooglePixelなら専用ケースがあります。他の機種は、受け側を汎用ケースに貼り付けて対応できます。RAMマウントもいい選択ですね。

 

10:30 START

ブリーフィングを終え、皆さん出走します。サイクリングラリーにこだわるために、出走は一人ずつ。直後に信号交差点のため、結局は集団で走ります。私はマーシャルとしてバックアップします。

 

犬山城の最も美しい見せ方にこだわりました。城下町を気兼ねなく通れるのは自転車ならではでしょう。

 

短くも印象的な峠を登ります。御嶽は望めませんでしたが、この高さまで自力で登った達成感がみなの歓声に表れていました。どれほど思い出に残るかは、ぜひ確かめてみてくださいね。

 

 

サイクリングで飲む関牛乳もまた乙なものです。アマチュアロードレーサーは早くも完走。さすがの平均速度です。お昼のために戻ってきてくれるそう。それもそのはず、うなぎなので。たまらんな〜!

 

15:00 長良川鉄道美濃市駅

最後は五平餅ブレイクを楽しみました。紅葉を愛で、完走!

輪行袋に詰めて単行列車に乗って戻りました。感想を語りながら犬山へ戻って解散しました。

 

 

 

「短くても達成感が半端ない」

35kmは、サイクリングとしては短距離。しかし、コマ図になった途端に緊張感が生まれます。コマ図を見て、現場を見て、考えて進む。慣れない走り方に、ひとつひとつの交差点が印象に残っていきます。全部乗り越えて、自力でやり遂げた喜びは、大切にしてほしいですね。

初めてのコマ図。初めはとっつきにくても数コマ走ってみれば十分に理解できます。意外にカーナビよりも簡単です。

 

「間違えると漕いで戻らなきゃいけないことに気づいた」

そう、これがサイクリングラリーの決定的な違い。自分のミスは自分で払うしかありません。速くなくてもミスをしないこと。迷うことがラリーの本質ではないと考えるので、充実したルートを設計すれば、ラリーの醍醐味を感じられると思います。

 

「うなぎが沁みる」「ルート全部いい」「これ、めっちゃアリ」

食べる楽しみ、走る楽しみがあり、全員が満足できた旅でした。私自身も、これまで走ったコマ図の中で最も楽しかったです。

 

❏ 学び

1. 輪行台数について

輪行では、列車に積載できる台数に限りがあります。景色のいい場所を走る鉄道は単行が多く、自転車を置ける場所が限られています。多くても5台の感覚。イベントとして開くには、大々的に募集するのではなく、仲間内で誘い合って出走するのが良さそうです。

 

2. ルートについて

自転車は、車やバイクに比べて遅いため、景色を受け止める時間が長くなります。景色の印象がルートの印象になるので、洗練されたルート設計が肝要と思います。イベント性を高めるために人工的な演出をするのもひとつの技術ですが、サイクリングラリーに対しては蛇足と感じました。

 

3. 運営について

今回は、背景異なる気心知れた少数の仲間と走りました。持続可能なイベントとして開催するには、スタッフ動員して受入台数を拡大する必要があります。それでは輪行が困難になりますが、レンタルサイクル店舗の協力や、貸切列車・貸切バスで輪行などの展望もあります。QCDのバランス次第でしょうか。

 

所感

サイクリングラリーは、全く初心者でも楽しめるコンテンツでした。ツイプラの規模感で走るのがちょうどいい。現在は、登録者にコマ図を配信する運用です。引続きこの運用で推進するのが、自分にとってバランスを取れそうです。

ラリーに振った、自己対峙を経て激情を味わう、至高の冒険も準備中です。いつか走破いただける未来を期待して、自分のペースでやっていきます。美濃の他にもルートを配信していますので、ぜひ走ってみてくださいね。

 

いい箱を作れてよかったな、とほっとしました。

ご参加いただきありがとうございました。

 

では。

TRIAL CYCLE

❏ 手軽な冒険へ

日常には、冒険で溢れている。

知らない景色を知る。おいしいご飯を知る。日常が旅へと変わった経験も、皆さんお持ちでしょう。こうした未知に期待して自らの足で行く旅を、冒険と呼ぶのではないでしょうか。

「知らない道を走ったら知ってる景色に出会えた!」「知らない街を巡ったら楽しかった!」

私たちが初めて経験した冒険は、自転車だと思います。

 

あの頃のわくわくを、また味わってみませんか。

 

❏ TRIAL CYCLE

サイクリングラリーシリーズ TRIAL CYCLE を提案します。

コマ図を用いて、自転車でゴールを目指す旅。脚で漕いだ分だけ、旅も美しくなるはず。

 

TRIAL CYCLE
目的:ラリー形式のサイクリングを通して、交通文化の発展に貢献する
目標:コマ図を用いてルートを走る
手段:トランポ前提の周遊タイプ、輪行前提の片道タイプのコマ図を配信し、参加者が任意の日に走る

 

本シリーズは、競技ではなくサイクリング支援です。本シリーズは、参加者にコマ図と呼ばれるラリー形式の地図を提供し、サイクリングルートを通して旅の楽しさを共有する趣旨で開設しています。

本シリーズは、常設イベントとして実施します。したがって、特定の開催日にイベントを設けるのではなく、任意の日に走る形式です。一人で走るのも良し。仲間内でお誘いの上走るのも良し。好きな日に、思い思いにサイクリングラリーを味わっていただきたいです。

 

 

ラリーと言っても、未舗装路を走るわけではありません。地図を使うイベントのひとつとして、ラリーを活用します。

コマ図は、Google Mapのルート案内を印刷したような地図です。地名が書かれていないところが異なります。

自転車イベント目線で言えば、ブルベのキューシートに交差点略図が載ったもの。
バイクイベント目線で言えば、舗装路限定のラリーを自転車で走るもの。

初めこそとっつきにくいですが、1つコマを走ればすぐに理解できます。なんならコマ図のほうが楽ですよ。

 

サイクリングラリーをするために必要な特別な装備はありません。スマホの固定さえできればOKです。

本格ラリー装備をするなら、マップホルダーを装着してみましょう。コマ図は印刷用・スマホ用と個別に準備しています。ラリーからサイクリングラリーに来た方、サイクリングからサイクリングラリーに来た方、ともに馴染みのある形態でお楽しみください。

 

コマ図は、下記フォームに回答して届く自動返信メール文中のクラウドURLからダウンロードできます。エントリーは無料です。

 

 

❏ 展開計画

TRIAL CYCLEのルートは、2タイプを設けています。

 

【周遊】

START地点とFINISH地点が同じ、ループタイプ。START/FINISH地点へは、電車でも車でも行ける場所を選んでいます。充実した景色とグルメを短距離に凝縮します。

【片道】

START地点とFINISH地点が異なる、片道切符タイプ。輪行を前提とし、新たな旅情を探す旅人にお届けしたい。自転車でしか味わえない冒険を追求します。

 

この2タイプで、距離に応じて難易度を分けたルートを展開します。自転車だからこそ楽しめ、美しく感じる旅にしたい。最高峰の旅は、私の原体験を基にしています。ぜひ、あの激情を分かち合いたい。

 

❏ シリーズ紹介

犬山【周遊タイプ】 18km

国宝犬山城を擁する犬山。小山に佇む犬山城を方々から望み、城下町を練り歩きましょう。映えグルメも良し。昔ながらの五平餅を食べるも良し。いつもと違うポタリングが、冒険の扉。

 

しまなみ【周遊タイプ】 24km

自転車の聖地、尾道。しまなみ海道走破はサイクリストの誰もが掲げる目標のひとつでしょう。ここでは、しまなみ海道の定番サイクリングルートとは離れた尾道周辺の景色やグルメを堪能します。食い倒れ!

 

美濃【片道タイプ】 35km

国宝犬山城から美濃を目指す小旅行。城下町や宿場町を巡り、土着の景色を堪能しましょう。ちょうどいい距離のサイクリング。でもルーティングはラリーらしい。片道タイプの方向性を示す、充実した旅路。

 

長良【片道タイプ】 80km

「山岳信仰の追走」をテーマに描いたサイクリングラリー。自然と自分の対比を通して、自己対峙を繰り返す。白山がもたらした恵をいただきましょう。自転車で走る本気のラリーへ。

 

テストイベントレポです。雰囲気の参考にしてみてください。

 

 

❏ おわりに

いつか自転車でラリーをしたいと考えてきました。試しに自転車で出走したら、驚くほど考えることが多く、そして旅を濃く感じました。新しい旅情を、分かち合いたい。

 

ご応募お待ちしております。

TRIAL RALLY 2024 CALENDAR

❏ 餞別の300km

2017年。滋賀県の素晴らしさをコマ図に綴り始めた。走行時間の正確さを競い、走行技術の向上とバイク文化の発展を狙うTRIAL RALLYを立ち上げた。

2023年。9回の開催を通して、旅情と競技性の向上を実験した。切磋琢磨が巧妙し、時計を心得た参加者に溢れてきた。バイク文化に貢献する開催目的を果たしたであろう。

2024年。みなの研鑽に感謝し、私からの最後の旅を贈ろう。

 

 

 

❏ TRIAL RALLYについて

TRIAL RALLYは、コマ図を用いて走行時間の正確さを競うオンタイムラリーである。スピードを競うスプリントラリーではない。

 

 

❏ TRIAL RALLY 2024

山岳信仰の追走をテーマに、旅を綴った。

人は川に集まり里を作った。山は恵を司る場所とされ、また先祖の還る場所と捉えられてきた。次第に、山は生活への感謝と敬虔な祈祷を捧ぐ崇拝の対象へと変遷した。神仏習合の山岳信仰は、日本文化の原点と言えよう。

成熟した社会に生きる今、先人の原体験を通して、文化を追憶したい。最後は、日本の原点に近づきたいのだ。

 

Rd.10 御嶽

御嶽への畏敬を味わう、憧憬の300km。TRIAL RALLYの原点 琵琶湖を発ち、御嶽へ一心に進む片道切符。

我々の先祖は、山にあやかり生活を営んだ。山を神と畏れ、山で仏に逢うと慕ってきた。先祖は山をどう見たか。山を縫い、川に沿い、町を駆け、歴史を偲びたい。山岳信仰の興りを追いかけよう。

 

開催  :2024年5月26日(日)
地方  :中部地方
構成  :300km,3 STAGES

募集期間:2024年1月~4月
募集台数:30台(招待枠+一般枠)
参加費用:20,000円

参加景品:ドライシャツ
優勝景品:クリスタルトロフィー、チャンピオンゼッケン

 

今回は、コマ図を事前に配信しない。運営で調達し、当日配布をする。最大限の旅情と最大限の競技性を実現しに行こう。

 

 

プロローグ

2023年開催を断念した長良・霊仙。山岳信仰をテーマに再編集し、プロローグとしてお届けしたい。

プロローグはオープン制とする。参加者は、任意に出走可能である。なお、天候被害等による通行止が発生した場合はご容赦いただきたい。

募集期間:2023年10月~2024年5月
参加費用:0円(長良・霊仙セット)

 

長良

大日ヶ岳が生んだ清流 長良川。白山信仰の参道を辿る80km。

長良では、自転車・バイク・自動車のいずれでもラリーを楽しめる設計にした。オンタイムラリーとしても、ツーリングとしても、長良の雄大さに触れるルートだ。旅情と冒険を両立する、TRIAL RALLYの醍醐味をご堪能いただきたい。

なお、一部区間にて幅員狭隘につき、離合不可である。出走にあたっては、以下条件を参照されたい。

 

地方 :岐阜県美濃地方
路面 :全線舗装路
構成 :80km,1 STAGE

自転車:ロードバイク可。輪行袋を携帯し、前後灯火類を装着のこと。
バイク:ロードバイク可。
自動車:スポーツカー可。最低地上高100mm以上・全幅1750mm以下の車両を保有し、狭隘路を走行可能と自認する場合に限る。

 

霊仙

御嶽信仰の拠点 御在所から、Rd.10 御嶽へ紡ぐ90km。

鈴鹿山脈を山岳信仰の視点で辿る。本戦を見据えた難易度だ。御嶽へと続く旅の始まり。

 

期間 :2023年10月~12月、2024年4月~5月(冬期通行止)
地方 :三重県~滋賀県
構成 :90km,1 STAGE
路面 :全線舗装路(一部落石・腐葉土あり)
バイク:ロードバイク可。落石・腐葉土には注意のこと。

 

 

 

❏ おわりに

TRIAL RALLYには、どこにも帰属しない唯一無二のラリーであってほしいと願い、御嶽をロゴに充てた。御嶽は一目で認識できる山容であり、どのアルプスにも属さない。孤高に憧れを抱き、最後に向かうのはここだと決めていた。

 

さあ、見に行こう。御嶽を。

 

琵琶湖でお待ちしております。