#GiveMeWings

discover

御嵩・八百津サイクリング

日曜日の5/11の午後、部活が早く終わったので可児方面に行くことにしました。

 

で、最初の行き先は、御嵩駅でした。どうしても行ってみたかった駅の1つで、駅舎がとても気に入ってたのです。
以前、 まるごと名鉄ぶらり沿線の旅 という本を読んで駅舎に魅かれたわけです。

 

距離は、推定で30km弱。 往復60kmなので午後にしてはいいところ。
12:30に出発すれば17:30には帰宅できるかなという読みでした。

 

定刻通りに出発し、明智サイクリングの時と途中まで同じで21号付近から右に曲がって行くルートなんですが、御嵩駅に着いたのは1時間10分後の13:40。

 

意外と早く着きました。

 

明智駅と似たような雰囲気ですが、とても和みます。
電車が着くと、こんな感じ↓
2両のところが魅かれますね。もっと言えば、7700系という車両を使用してほしかったですね。
現在は三河線を中心に活動しています。

 

さて、こんなに時間が空いたので、どうしようかな~ と思っているうちに、八百津が近いことに今更気づいたので行くことにしました。

 

目指すは、八百津駅跡。

 

距離は、10km弱。 10分休憩して、出発です。

 

直線に伸び、コンクリのトンネルを突き抜けて続く土手が、八百津線の跡です。
この田舎っぷりが大好きです^^

 

犬山城が移築される前の時にあった兼山城跡付近を通る八百津線跡です。
もう最高・・・

 

八百津方面へ5分走ると、兼山ダムが急に見えたので、ビックリしつつも1枚。
本格的なダムは久しぶりです^^
1年ちょっとですかね。大井川鉄道の井川線で見ました。井川ダムではないのでご了承^^;

 

それはさて置き、途中畑仕事をしてる人に八百津駅跡までの道のりを聞いて再出発。
3kmほど走って、到着しました。 現在はミニ団地となってます。

 

帰り道は廃線を道路にした道を走ります。ついでにまだ未建設の道路も。

 

真ん中より少し左にある黄土色の建物あたりから駅の敷地内でした。

 

さて、帰り道を行き、再び兼山の街並に戻ります。と、酒屋が目に入ったので1枚。

 

真言宗大谷派 だったっけな・・・ そんなような建造物があったので1枚。
せっかくだったので自転車も。

 

ここは、 兼山口駅跡ですね。右に見える公衆便所が目印です。
で、この駅の次が明智です。八百津方面だと、兼山です。

 

さて、おにぎり2個をコンビニで買って少し休憩。10分して出発。

 

可児の市街地に入り、明智サイクリングと同じ帰宅ルートを通り、帰宅しました。

 

新しいサイクルコンピューターをつけてからだったので距離は大丈夫です^^
ただ、円周の数字を入力し間違えた気がするので、不安ですが、一応この日は66km走りました。

 

とても気に入ったので、次行くときは、蘇水峡という所へ行きたいと思います^^