#GiveMeWings

discover

OASIS

A challenge for those who go. A dream for those who stay behind.
Thierry Sabine

 

こんばんは。けーごです。

 

1978年12月26日
クリスマスを終えたフランス・パリで、ティエリー・サビーヌの言葉「選手には挑戦を、観客には夢を」が選手にかけられました。オアシスラリーの開会式です。これから選手は10,000km離れたセネガル・ダカールを目指します。この大会は、翌年からパリ・ダカールラリーとして世界を魅了しました。

 

1980年12月26日
ホンダがXR500Rで第3回大会へ参戦しました。第4回大会でホンダは初優勝を遂げました。そして、このレプリカとしてXL250R/XL125R PARIS-DAKAR、XLV750Rが市販されました。このXLVの開発を元に、ホンダは次期競技車を持ち込みました。

 

1986年1月5日
ホンダはNXR750を第8回大会に投入しました。NXRは、V型2気筒45度バンク90度位相クランクを備え、第11回大会まで4連覇しました。このレプリカとして市販されたのが、XRV650 Africa Twinでした。しかし、ホンダは第11回大会後にパリ・ダカールラリーを撤退しました。

 

2013年1月5日
ホンダはダカールラリーへ復帰しました。24年前のパリ・ダカールラリーとは名前も大陸も規定も異なります。ホンダはCRF450 RALLYで参戦しています。このレプリカとしてCRF1000L Africa Twin、そして、2017年3月に本命が市販されました。




2018年4月28日

 


HONDA CRF250 RALLY
ADVENTURE EVERYWHERE



お待たせしました。前置きが長くなりました。CRF250 RALLYを購入しました。コンセプトモデルに一目惚れして3年、ついに機会を得ました。これからとても楽しみです。オアシスラリーを継ぐ憧れのレプリカバイクを堪能します。

 

THE DAKAR REPLICA 週末の冒険者へ
絶景を求めに走るぼくのバイクライフは、まさに日常の冒険です。
「冒険の扉を開けるのは君だ。望むなら連れて行こう」

 

嗚呼、連れて行ってくれ。ともに走ろう。

 

では。